韓国のおでんレシピをご紹介!オムクは通販で購入できる?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

肌寒い日も増え、温かい食べ物が恋しくなるこれからの季節♪

アツアツのおでんで心も身体も温まりたい!という方も多いはずです。

おでんと言えば大根やこんにゃくが定番ですが、韓国のおでんにはこれらの具材が入っていないのだとか!?

そこで今回は、韓国と日本のおでんの違いや韓国のおでんレシピなどを分かりやすくご紹介します♡

韓国のおでんと日本のおでんの違いは?

おでん

https://www.pakutaso.com/

みなさんもご存知の通り、おでんは日本を代表する和食のひとつ!

おでん専門店もあり、コンビニなどでもおでんを気軽に楽しむことができますね。

「韓国のおでん」と聞くと、日本のおでんが韓国へ渡って「韓国でも人気があるんだなぁ~」と思ってしまいますが…

日本と韓国のおでんは全くの別物と考えておきましょう♫

日本のおでんには大根、たまご、こんにゃく、白滝、昆布やはんぺんなどが入っており、とにかく具沢山♡

地域によって具材や味が異なり、「家庭料理」として愛されています。

おでん

https://cm.asiae.co.kr/

一方、韓国のおでんは「屋台メニュー」のひとつであり、その具材はオムク(オムッ)と呼ばれる練り物だけ!

最近では厚みのあるさつまあげやちくわ、お餅などをプラスする屋台も多いようですが、基本的に韓国のおでん=練り物が定番です。

屋台では長い串にオムクが刺した状態で売られており、串の本数でお会計をするというのが面白いポイント。

一般的には昆布だしベースの醤油味ですが、コチュジャンがたっぷり入った辛い味のおでんも人気があります♪

また、日本のおでんに比べると味がとても薄く、スープ代わりに飲む方も多いです。

そのため、おでんが置いてある屋台でトッポッキなどを注文すると、おでんのスープが無料でもらえるのが特徴です。

ちなみに韓国でも地方によっておでんの食べ方が異なり、よく煮えたオムクに醤油を塗って食べる地方もあるようです!

串を使うのが韓国流?韓国のおでんレシピをご紹介!

おでん

https://www.10000recipe.com/

【韓国おでんの材料】

・水1000cc
・だしパック 1パック
・オムク 6枚
・大根 適量
・ダシタ 大さじ2
・薄口醤油 大さじ2
・砂糖 小さじ2
①鍋に水を入れ、だしパックを煮出す。

②だしパックを取り出し、全ての調味料を入れ大根を煮る。

③大根が煮えたらオムクを入れ、味が染み込むまで煮る。

韓国おでんのレシピはとっても簡単ですね♪

オムクは串に刺すのが韓国の定番!

大根の他にしいたけやトッポッキなどをプラスするのもおすすめです。

また、味が日本のおでんに比べるととても薄いため、食べる時に醤油をつけたり、青唐辛子をプラスするのもおすすめ!

スープの味が薄くこんにゃくは味が染みないため、薄味でも食べられる具材を選ぶのが良いでしょう♡

韓国のおでんに欠かせない「オムク」は通販で購入可能!

おでん

https://www.ktowntogo.com/

日本でおでんの主役と言えば大根!ですが、韓国のおでんの主役はオムクです。

オムクはかまぼこのような練り物で、油揚げのように薄く、日本のさつまあげよりも柔らかい食感が特徴。

オムクが入っていなければ韓国のおでんとは呼べないほど重要な食材です。

オムクは韓国食材を取り扱っている通販サイトなどで購入可能で、10枚入りで500円ほど。

最近では棒状のオムクなども通販で販売されているので、好みにあったオムクを選んでみましょう♫

ネットサイトでオムクの通販購入をする場合には「韓国おでん」「四角おでん」「釜山おでん」「オムク」「オムッ」などで検索するのがおすすめ!

最近ではすでに串に刺さった状態で販売しているお店もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

トッポッキ

http://earlymorning.ssg.com/

オムクはしっかりとした食べ応えがあるため、一回に何枚も食べられるものではありません。

そのため、せっかく韓国風のおでんを作っても1パック使いきれないことがあります。

そんな時はトッポッキやお鍋に入れてみましょう♫

特に辛い味のトッポッキやお鍋には、ほんのり甘みを感じるオムクが相性抜群です。

オムクポックン

https://m.10000recipe.com/

また、韓国では「オムクポックン」というお惣菜も大人気!

オムクを適当にカットし、長ネギや玉ねぎなどでサッと炒めた家庭料理です。

韓国料理店で提供されるおかずとして人気があり、意外にもごはんと合う美味しさ!

甘辛い味に味付けすることで、お酒にも合うおつまみになります。

ちなみに、余ったオムク(調理していないもの)はそのまま冷凍保存できるため、長期間使う予定がない場合は冷凍しましょう♫

韓国のおでんに欠かせない「オムク」は何で代用できる?

オムク

http://www.midofoods.com/3

通販でも韓国おでんの主役であるオムクは購入できますが、「通販してまでは…」という方も多いはずです。

では、オムクの代用となる食材は日本にあるのでしょうか?

オムクは大きな四角型のさつまあげで、その食感はかなり柔らかいのが特徴。

また、厚さは油揚げ程度のため、日本のさつまあげよりは薄いことも分かります。

うすさつ

https://oceans-nadia.com/user/12091/recipe/147391

こちらは食材を巻けるほど薄いさつまあげとのことなので、韓国おでんを作るのにもピッタリですね。

全国的に販売されているかどうかが分からないため、気軽に韓国おでんを楽しむならスーパーで一番薄いタイプのさつまあげを購入する(角天など)のもおすすめです。

ちなみに、韓国のおでんに使われているオムクは日本のさつまあげよりも塩分が低く、あまり味がしません。

日本のさつまあげはそのままでも食べられるほど味がしっかりついているため、スープの味を調整しながら作ってみましょう♫

韓国のおでんを新大久保で楽しみたい!おでんが食べられるお店はあるの?

おでん

https://m.blog.naver.com/

韓国のおでんを自宅で作るのは面倒だけど、一度は食べてみたいという方も多いですね。

特に韓国ドラマや韓国映画などでも頻繁に登場するため、その味が気になっている方も多いはず!

韓国のおでんは以前、新大久保で気軽に食べることができました。

しかし、当時はあまり人気がなく、おでんを販売していたお店の多くは現在チーズハッドクやホットクのお店に変わっています…。

季節を問わず大混雑している新大久保で、長い串に刺さったおでんを食べ歩くのはちょっと危険な気もしますね。

その一方で、韓国家庭料理を提供しているお店の一部は、メニューとしておでんを置いているとのこと!

本場・韓国のように屋台ではありませんが、一人前でもオムクが串に刺さった状態で提供されます。

また、新大久保にある飲食店ではオムクポックンをおかずとして提供しているお店も多いです♫

もちろん、新大久保にある韓国食材スーパーでもオムクを取り扱っているため、新大久保を訪れた際にはぜひチェックしてみてくださいね♡

まとめ

おでん

https://www.crowdpic.net/

韓国おでんのレシピやオムクの代用品などをご紹介させて頂きました♫

日本でいつも食べているおでんと比べるとかなり味が薄いため、最初はその味に驚く方も多いはず。

しかし、さっぱりとした味わいのスープにハマり、気が付けば韓国のおでんが大好きになっているという方が増えています♡

下記の記事では、韓国おでんを含む屋台メニューについてもご紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ALEUM TOWN , 2020 All Rights Reserved.