2022年に日本で上映されるおすすめ韓国映画10選

 

この記事を書いている人 - WRITER -

『パラサイト 半地下の家族』や『ミナリ』など、世界で高く評価されている作品も多い韓国映画。

2022年も続々と新作映画が公開されています。

そこで今回は2022年に日本で上映されている、または今後上映予定のおすすめ韓国映画をご紹介!

映画好きならチェックしておきたい注目の韓国映画をご紹介していきましょう。

2022年に日本で上映されるおすすめ韓国映画10選

パイプライン

パイプライン

https://www.cinematoday.jp/

2022年に日本で上映されるおすすめ韓国映画『パイプライン』

送油管に穴を開けて石油を盗み、そして転売をするという特殊犯罪“盗油“”を題材にした作品です。

盗油で人生の逆転を夢見る6人は、それぞれ違った目的を持っているのが面白いポイント。

仲間でありながら、お互いに騙し合いを続ける心理戦も見どころのひとつです。

■主要キャスト:ソ・イングク、イ・スヒョク、ウム・ムンソク、ユ・スンモク、テ・ハンホ、ペ・ダビン
■日本公開日:2022年2月4日

スピリットウォーカー

スピリットウォーカー

https://www.cinematoday.jp/

2022年に日本で上映されるおすすめ韓国映画『スピリットウォーカー』

記憶を失った男が、12時間ごとに違う人間と入れ替わっていく様を描いた作品です。

こちらはハリウッドでのリメイクも決定している人気映画で、SFアクションがメイン。

自分に何が起こっているのか分からないまま、真実を求めて奮闘する姿に注目です。

■主要キャスト:ユン・ゲサン、パク・ヨヌ、イム・ジヨン
■日本公開日:2022年4月1日

手紙と線路と小さな奇跡

手紙と線路

https://www.cinematoday.jp/

2022年に日本で上映されるおすすめ韓国映画『手紙と線路と小さな奇跡』

世界で最も小さな駅作りに奮闘した人々が紡ぐ、愛と感動のストーリーを描いた作品です。

韓国初の“私設駅”である両元(ヤンウォン)駅開業までの実話を基に作られた作品で、夢や希望、挫折などが盛り込まれています。

2022年9月にはDVDの発売も決定しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

■主要キャスト:少女時代ユナ、パク・ジョンミン、イ・スギョン、イ・ソンミン
■日本公開日:2022年4月29日

狼たちの墓標

狼たちの墓標

https://www.cinematoday.jp/

2022年に日本で上映されるおすすめ韓国映画『狼たちの墓標』

江陵(カンヌン)を舞台に開発権利を巡る男たちの熾烈な構想を描いた作品です。

平和と義理を重要視している最大組織と、江陵最大のリゾート所有権を狙う組織が真っ向から対決!

平昌オリンピックを目前に控えた中で、新旧二つの組織による“血で血を洗う”抗争が見どころとなっています。

■主要キャスト:ユ・オソン、チャン・ヒョク、ソナ
■日本公開日:2022年5月27日

ぼくの歌が聴こえたら

ぼくの歌が聴こえたら

ttps://www.cinematoday.jp/

2022年に日本で上映されるおすすめ韓国映画『ぼくの歌が聴こえたら』

音楽だけが共通点という2人の男が、それぞれの人生を変えるために旅する姿を描いた作品です。

段ボールをかぶらないと歌が歌えないという天才ミュージシャンと、人生において「成功すること」だけが重要と考えている元敏腕プロデューサーが描く奇跡の物語が見どころ。

ミュージックロードムービーという新しいジャンルで、世界のヒットソングも登場します。

■主要キャスト:EXOチャニョル、チョ・ダルファン
■日本公開日:2022年6月10日

ベイビー・ブローカー

ベイビーブローカー

https://mvtk.jp/

2022年に日本で上映されるおすすめ韓国映画『ベイビー・ブローカー』

匿名で赤ちゃんを預けるシステム「ベイビーボックス(赤ちゃんポスト)」をきっかけに繰り広げられる、養父母探しの旅を描いた作品です。

メガホンを握ったのは日本を代表する映画監督の是枝裕和監督。

この映画は「第75回カンヌ国際映画祭」コンペティション部門正式出品作品であり、主演のソン・ガンホは同映画祭で最優秀男優賞を受賞。

さらに独立賞の一つであるエキュメニカル審査員賞も受賞するという快挙を達成しています。

■主要キャスト:ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、IU、ペ・ドゥナ、イ・ジュヨン
■日本公開日:2022年6月24日

モガディシュ 脱出までの14日間

モカディッシュ

https://www.cinematoday.jp/

2022年に日本で上映されるおすすめ韓国映画『モガディシュ 脱出までの14日間』

ソマリア内戦に巻き込まれた韓国と北朝鮮の大使館員たちの生死をかけた脱出劇を描いた作品です。

実話に基づいて制作され、韓国では2021年に「第42回青龍映画賞」で作品賞、監督賞、助演男優賞など5部門を受賞。

弾丸や砲弾が激しい中で、生き残るために一日一日を耐え忍ぶ大韓民国大使館の職員と家族たちの姿は多くの感動を呼びました。

■主要キャスト:チョ・インソン、ホ・ジュノ、ク・ギョファン
■日本公開日:2022年7月1日

恋愛の抜けたロマンス

恋愛の抜けたロマンス

https://www.cinematoday.jp/

2022年に日本で上映されるおすすめ韓国映画『恋愛の抜けたロマンス』

恋愛はしたくないけど寂しさを嫌う女性と、仕事も恋愛も何もかもが上手くいかない男性が繰り広げる恋愛模様を描いた作品です。

「恋愛はしたくないけどセックスはしたい」という、アラサー男女の曖昧な関係が見どころ!

「第58回百想芸術大賞」では4部門にノミネートされ、脚本賞を受賞しています。

■主要キャスト:チョン・ジョンソ、ソン・ソック
■日本公開日:2022年7月8日

キングメーカー 大統領を作った男

キングメーカー

https://www.cinemacafe.net/

2022年に日本で上映されるおすすめ韓国映画『キングメーカー 大統領を作った男』

真実を基に大統領選の裏側を赤裸々に描いた衝撃選挙サスペンス作品です。

第15代韓国大統領と選挙参謀の実話を基にして描かれたストーリーは、一瞬たりとも見逃せない緊迫感が見どころのひとつ。

韓国の政治や大統領選に興味がない方でも、十分に楽しめる作品となっています。

■主要キャスト:ソル・ギョング、イ・ソンギュン
■日本公開日:2022年8月12日

人質 韓国トップスター誘拐事件

人質

https://www.cinemacafe.net/

2022年に日本で上映されるおすすめ韓国映画『人質 韓国トップスター誘拐事件』

極限の監禁状態からの脱出劇を描いたリアルサスペンスアクション作品です。

2015年に公開された中国映画「誘拐捜査官」を原作としている映画で、犯人を騙さなければ死んでしまうという命がけの脱出劇が見どころのひとつ。

韓国映画界を牽引する大物俳優が誘拐事件の人質となるという、前代未聞のテーマが新鮮です。

■主要キャスト:ファン・ジョンミン、イ・ユミ、リュ・ギョンス
■日本公開日:2022年9月9日

まとめ

2022年に日本で上映されている、または今後上映予定のおすすめ韓国映画をご紹介しました!

ソイングク、ユンゲサン、チャンヒョク、EXOチャニョル、ソンガンホ、チョインソン、ソンソック、ファンジョンミンなど演技派俳優たちが勢ぞろいしていましたね。

また下記の記事ではジャンル別におすすめの韓国映画をご紹介しているので、ぜひ合わせてチェックしてみてください♡

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ALEUM TOWN , 2022 All Rights Reserved.